ペット保険資料請求



スポンサーサイト

ペット保険の給付対象外

ペットを保険に加入させて安心な日々をすごしていても、すべての状況において保障されるわけではないのは言うまでもない。人間の保険でもそうだが、ペットの保険に加入している際に気をつけなければならないことがいくつかある。例をあげると、ペットを飼っている飼い主や家族によって生じた怪我は給付の対象にはならない。ほかに給付の対象にならないこととなると災害によって負った怪我である。ペットの保険の給付対象は主に医療...

ペットの保険料

ペットの保険料は安いプランだと2000円くらいからある。飼っているペットの種類や年齢、大きさによっても変わってくるが、高額な保険料だと2万円くらいもしくはそれ以上の金額がするプランも実際にある。2万円以上となってくると中年層の方の人間の保険料とあまり変わらない。とくに犬を保険に加入させる場合には、毎月の保険料は加入するときの体重で決まってくることが多いようだ。なので、そうすると犬を保険に加入させる...

ペット保険の保障内容

ペットの保険に加入した場合、保証される内容としては医療やけがという大きな分類に分けられるが、細かく分けてみると各保険会社で取り扱っている種類は5種類から8種類である。スタンダードな保障の代表として通院保障はどこの保険会社でも取り扱っている。通院保障とはペットが急に病気になってしまった、怪我をしてしまったときに病院に行く際に適用されるものが通院保障だ。これもだいたいの保険会社で同じ内容をうたっている...

ペットの入院保険

ペットの様子がおかしい。病院に連れて行ったら入院する必要があるといわれて、どうしたらよいのか慌ててしまった・・という経験はあるだろうか?そんなときにペットの入院保険があればいいのに、もしくはペットに対して入院を保障してくれる保険会社なんてあるのかしらと頭をよぎる。現在はペットの保険を取り扱っている保険会社は少ないのが現状だが取り扱っている会社の保障内容を確認すると、入院保険はついているところが大半...

ペット保険 入院保険の内容

ペットが入院や事故にあったときに保険会社から保障してもらえる金額はいったいどれくらいなのか、とても気になる部分だと思う。例えば入院保険。入院する期間やペットの種類にもよるのはもちろんだが、ペットが怪我または病気という理由での入院に関しては入院の1泊目から保障される。1泊目から連続何日間入院するかという考え方ではなく、年間の累計日数で換算して何日分までと保障します、とプランの概要で説明しているところ...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。