FC2ブログ
ペット保険資料請求



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫のしつけ

猫は飼い主に対して服従しない。これは犬とは大きく違うところである。猫は単独で行動をしているので、いくら人間側が「主人だぞ!」とアピールしても猫には伝わらない。分からないのだ。
その上、犬は飼い主が喜ぶことをしたら自分も嬉しいと思うが、猫は飼い主に甘えることは甘えるが、犬と同じようには思わない。
猫にとって大事な事はいかにいい環境で過ごしていくことが出来るかということなので、このことを利用してうまく誘導していくと、しつけが出来てくるのではないかと思う。
そこで、まずは猫のしかり方を考えてみよう。猫が悪いこと、してはいけないことをしたとき、見つけたその場で「駄目!」と叱ってあげよう。一度駄目なことを駄目と叱ったからには、それを猫が認識するまで毎回叱ってあげる。決して、叱ったり叱らなかったりという事をしてはいけない。
ここで注意するのは、「現行犯」ということである。見つけたことを後でしかっても、人間ではないから何について怒っているのか理解することが出来ないので注意しよう。
次に褒め方である。駄目なことを止めた場合は、すぐに褒めてあげよう。このときに注意するのは大きな声を出さないということである。大きな声で褒めても猫には怒っているのかな?とうつってしまい、びっくりしてしまう。だから褒めるときは落ち着いた声で褒めてあげてリラックスさせよう。
スポンサーサイト

«猫を上手にしつけるには | トップへ戻る |  猫の問題行動に対するしつけ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。