FC2ブログ
ペット保険資料請求



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の叱り方・褒め方

猫のしつけをする上で、「叱る」ことは必要なことである。しかし、同じ叱るのでも叱り方がある。ただ叱っているだけのように間違ったしかり方をしてしまうと、猫も臆病になり、常に飼い主の顔色を伺っているようになってしまったり、飼い主を見てもそっぽ向くようになってしまったりするようになる。また叱るのは声だけにしよう。間違っても叩く行為はしないでほしい。叩いてしまうと猫にいたずらに恐怖心だけを植えつけてしまう結果になる。
では、叱り方はどういう風にすればいいのだろうか?叱るときにただ感情に任せて声を荒げたり、猫を叩いて苦痛を与えたりという飼い主と猫という信頼関係が崩れるような行為は絶対にしないでほしい。恐怖心が植えつけられるか、猫を興奮させてしまうので絶対に注意してほしい。
次に叱るタイミングだが、「現行犯」が肝心である!猫がいたずらした結果を見て、そのことについて後で猫を叱ったところで、猫は何で自分が叱られているのかが分からず、効果が得られないと思う。叱るときには、そのいたずらする行為をしているときに叱るようにしよう。
叱るのとは逆で褒めることも猫には大切なことだ。しかしほめ方にも注意が必要だ。過剰に褒めすぎずに、猫が好きな場所を撫でてあげるなどコミュニケーションを充分にとろう。それだけで十分に褒めてあげていることになると思う。
スポンサーサイト

«猫のトイレのしつけ・猫砂の選び方 | トップへ戻る |  猫の去勢と不妊の手術»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。