FC2ブログ
ペット保険資料請求



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のしつけとは

犬のしつけと聞くと「お手」とか「お座り」などを教える行為だと思う方がいるかもしれないが、それだけではない。
犬のしつけとは人間と犬が心地よく楽しく一緒に暮らしていくための方法を犬に教えることではないかと思う。
まず、始めに犬に禁止事項を教える。禁止事項とはトイレを決まった場所以外ではしない、無駄吠えをしない、などだ。また、おもちゃも遊んでいいものと悪いものの区別を教えるというようなしつけも含まれている。
犬のしつけをするにあたって、覚えておいてほしいのは、犬がしつけをすることで、言うことを聞いてくれればいいという考え方ではなく、飼い主側も犬が飼い主のしつけを聞いてくれるような人になることも大事なのだということである。
では犬のしつけとはなぜ必要なのか?例えば散歩途中にむやみに知らない犬に吠えかかったり、知らない人に襲いかかったり、変なものを拾い食いしたりなど様々なことをしないよう、また犬と飼い主が快適に暮らせるようにすることである。
犬がきちんと飼い主にしつけをされているとしたら、どんな状況のときでも飼い主の言うことを聞き、回りに迷惑がかからないようにすることだろう。
犬のしつけを通し、飼い主や犬の安全面や、周りの人々の安全面も守ることができる。
また教える側の飼い主もきちんとしつけの義務などの、最低限のマナーを身に付けておくように心構えをしっかりしておく必要がある。

犬のしつけでお悩みの方はこちらをクリック

スポンサーサイト

«猫の去勢と不妊の手術 | トップへ戻る |  犬のしつけのポイント1»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。