FC2ブログ
ペット保険資料請求



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のしつけのポイント1

【犬のリーダーになろう】
犬をしつけるためには、まず飼い主が犬のリーダーになる必要性がある。犬のリーダーになるというのはしつけの基本中の基本である。すでに知っている方は多数いらっしゃるのではないだろうか。
なぜこれが大切なのかと言うと、犬の習性に「リーダーは絶対」と言う事がある。だからこの習性を活かすのがしつけの基本と言うことになるからである。
野生の犬の中では、リーダーの犬の言うことを聞かないと群れから外されたり、制裁を食らったりして時には命の危険にさらされることもあるのだ。
この習性を利用して、犬をしつけるようにすると犬自体は苦痛を感じることもなくしつけできるようになる。
【順位付け】
犬をしつける際、重要なポイントになるのは飼い犬にとっての「群れ」になる家族の順位付けだと思う。
例えば、小さな子供がいる家庭の場合、犬と子供が仲良くまるで兄弟のように育ってしまう場合がある。もちろん仲がいいのはいいことだが、順位付けもなく育ってしまうと犬の中では子供が同レベルだと判断してしまい、犬が成長した時に子供より上の立場にたとうとして攻撃をしてしまったり、子供の言うことを聞かなかったりという可能性がある。
こうならない為にも、犬に順位付けを教えるために様々な工夫が必要になる。例えば食事するときには家族が食べ終わった後とか、リーダーが家族を呼ぶときには犬を最後に呼ぶとかなどがいいかと思う。

犬のしつけでお悩みの方はこちらをクリック

スポンサーサイト

«犬のしつけとは | トップへ戻る |  犬のしつけのポイント2»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。