FC2ブログ
ペット保険資料請求



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のしつけのポイント3

【呼び方を統一しよう】
犬のしつけのとき、「駄目」「コラッ!」など色々しつけるときにかける呼び方があるとは思うが、この呼び方は統一する必要がある。犬に人間の言葉をたくさん覚えさせようとしても無理がある。同じ叱る言葉でも、言葉を統一しないと犬は混乱を起こしてしまう可能性がある。
また、叱るときや褒めるときに犬の名前を言ってしまう場合があるが、この場合には注意が必要になる。叱るときも、褒めるときも名前を呼ばれていると犬はどっちで呼ばれているのか分からなくなり、名前を呼ばれる=叱られている、または名前を呼ばれる=褒められていると認識していまい、しつけがうまくいかなくなる。
だから、犬の名前を呼ぶときには褒めるときだけと決めて、名前を呼ばれると褒められるといういい認識を植えつけるようにしよう。
【ご褒美をあげよう】
犬をしつける上で有効的な手段としてご褒美をあげるということがある。犬をしつけるときには叱るということより、褒めると言うことが有効的である。犬は「叱られた行動を止める」ではなく、「ご褒美がもらえることをする」という観点で考えていることがある。だから、犬をしつけるときにはこういうことをすると、ご褒美がもらえるんだということを教えてあげよう。
また、犬はいたずらをすることもよくある。そういうときにはいくらしつけをしようとしてもできないという場合もあるということを覚えておこう。

犬のしつけでお悩みの方はこちらをクリック

スポンサーサイト

«犬のしつけのポイント2 | トップへ戻る |  犬のしつけのポイント4»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。