FC2ブログ
ペット保険資料請求



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のしつけのポイント5

【失敗しても叱らないこと】
犬をしつけているときには、犬はもちろん失敗もたくさんすると思う。
例えばトイレのしつけのときだが、しつけを始めたばかりのときトイレを犬が失敗するときがある。そのとき飼い主が高い声を出して騒いでしまったとする。その声を犬が聞くとこれは褒められているのか?とか勘違いしてしまう場合がある。これではしつけができないだろう。
だから、犬が失敗をしたときには低い声で「だめ!」ときちんと叱るようにしよう。また叱るより無視するのが効果的な場合もあるので、そのときの判断に応じて注意するようにしよう。
【殴ったりしない】
犬をしつけるときに、言うことを聞かないとついつい手が出てしまいがちだが、体罰は絶対にしてはいけない。犬には体罰と言うのは必要ないと思う。
まぁ昔は弱冠の体罰を与えて教えるという考え方もあるにはあったのだが、犬は体罰を与えなくても、根気強く何回も教えていけばきちんと理解する。例え体罰を与えてしまっても、噛み付かれたりして反撃を食らう可能性があり、しつけにはならないと思う。かえって信頼関係が失われしつけどころではなくなる。だから、飼い主側も焦らず根気強く何回も同じ事を教えていくようにしよう。それによって、よい信頼関係が生まれ、しつけもうまくいくようになると思う。

犬のしつけでお悩みの方はこちらをクリック

スポンサーサイト

«犬のしつけのポイント4 | トップへ戻る |  犬のしつけのポイント6»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。