FC2ブログ
ペット保険資料請求



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子犬のしつけ

子犬に関するしつけの方法を少し紹介したい。子犬をしつけるときにはそこの環境に慣れさせることもポイントの一つになる。子犬は人間の子供同様順応性が高い。だから最初のうちは多少戸惑うかもしれないがすぐに人間がいる環境に慣れることができるだろう。人間に飼われる以上、周囲に人間がいる生活になるのだから、これは絶対条件で周囲の環境に慣れさせる必要が出てくる。
また、子犬のうちはワクチンが終わっていないと散歩などはできないが、そういう場合でも飼い主が抱っこなどして外に連れ出し、車の音を聞かせたり家の周りの音を聞かせたりするなどして、家以外の世界を子犬に見せてあげることも大切なことである。こうやって子犬に人間社会を慣れさせていくようにしよう。
しつけをするのに一番いい時期というのは子犬のときではないかと思う。なぜ子犬のときかと言うと、人間同様小さいときのほうが頭も柔らかく何でも吸収していく。だから、生後3~12週目くらいの時期にしつけを行うのが最も覚えてくれるだろう。
また、このしつけを覚えやすい時期(=社会化期)は、自分と他のものを区別してくる時期でもある。そういう時期にしつけをすることによって、これが当たり前のことなんだと子犬に認識させることが可能となる。それにより、より社会性を持ちリーダーの言うことを聞く犬に育てることが可能となる。

犬のしつけでお悩みの方はこちらをクリック
スポンサーサイト

«犬のしつけのポイント6 | トップへ戻る |  旅行・散歩のための犬のしつけ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。