FC2ブログ
ペット保険資料請求



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬に留守番のしつけ

犬を飼うときには留守番ができるようにしつけをしておく必要がある。留守番をさせるにはまずケージの中でおとなしくしていられるかどうかが鍵となる。そのためには、ケージの中にいるのが犬にとって居心地がいい場所にしておく必要がある。どうすれば犬にとって居心地がよい場所になるのだろうか?ケージの中で食事をしたり、好きなおもちゃを入れておいたり、毛布を入れて置いたりするのがいいかもしれない。
犬にお留守番のしつけをするときには、留守番をしていれば家に人が帰ってくるということを教えてあげるのがいいと思う。そのためには、徐々に留守番をする時間を長くしていき、帰ってきたら「いい子で留守番してたね」といっぱい犬を褒めてあげよう。
留守番をさせる際、出かけるときにはいつもと同じように出て行くことも大切だ。いつもと違った行動をとると、犬は逆に不安になったりするから、いつもと同じように外出しよう。
また、犬に「ダメ」というしつけをするときはいつもと同じような声のトーンで、同じ言葉で言うようにしよう。その都度違う言葉やトーンで言っていては犬の方は混乱してしまって言うことを聞かなくなる。またダメということをしつけるときには、決して体罰は与えないこと。そしてダメということがうまくできたらきちんと褒めてあげることが大切である。
ダメというしつけの中には、トイレの失敗のようにダメといってはいけない行動もあるので、状況に応じてダメのしつけをしていくようにしよう。

犬のしつけでお悩みの方はこちらをクリック

スポンサーサイト

«旅行・散歩のための犬のしつけ | トップへ戻る |  犬のしつけ「まて」と「ふせ」»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。