FC2ブログ
ペット保険資料請求



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬が拾い食いしないようしつける

犬を散歩させていて、たまに犬が何か食べていると感じることはないだろうか?犬というのは好奇心が旺盛で、外で見つけたものをついつい口に入れてしまう可能性がある。
何も危険がないものだといいのだが、ほかの犬の糞や尿など口に含んだりして病気をもらってしまう可能性もある。そういう危険性があるものを口に入れないように、きちんと拾い食いのしつけをしておく必要がある。
まず、散歩中食べそうな物が落ちている場所は避けて通る。また拾い食いをしそうになったらリードを引っ張ったり「ダメ」と強い口調で叱ったりなどしてきちんとしつけよう。ここで注意しなくてはならないのは叱るときは1度ということ。同じことで何回もしからない。
それでもダメな場合は一度拾い食いをさせてみよう。とは言っても、外にあるものは危険なので、家からタバスコなど犬が嫌がるものを塗った食べ物を持ってきて外に置き、犬に拾い食いをさせてみる。そのときに置く食べ物は家では出さないものにしよう。見慣れている食べ物なら安心して食べてしまう可能性がある。
家から持ってきたものを犬が見ていないところで自然と置き、それを食べさせてみる。そこで犬が嫌がって口から出してしまえばしめたものだ。これを何回か繰り返して、犬に外で何か拾って食べると嫌な事が起きると認識させよう。
何事も根気が大切だ。犬が危険な目に合わないようにがんばってしつけをしよう。

犬のしつけでお悩みの方はこちらをクリック
スポンサーサイト

«犬の散歩について | トップへ戻る |  犬に噛み癖をつけさせない»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。