FC2ブログ
ペット保険資料請求



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のしつけ「よし」と「おすわり」

犬に食事を与えるときだが、食事を出したとたんに食べさせるわけではなく、まず礼儀よく待たせる。そしてきちんと待つことができたら「よし」と声をかけて食べさせるようにしよう。
この「よし」を覚えると、犬は「OK」と認識するので、何でも「よし」でスタートするようになると思う。これに手による合図も合わせてみて、しつけをするようにするとより効果的になり、犬には何にOKの号令を出しているのか認識できるようになってくると思う。
言い方だが「よし!」と少し口調を強めて発音しよう。弱めに発音すると「よしよし」と褒められているのと勘違いをする可能性もあるので、言い方は変えておこう。
次に「おすわり」のしつけに関してだが、「おすわり」は食事をするタイミングでしつけを始めてみてはいかがだろうか?
それではどうやってしつけをするかというと、犬のご飯を飼い主が持った状態で「おすわり」と言う。このときに犬のお尻を少し押し込むようにして座らせる。きちんと座ったら食事を与える。これを食事のたびに繰り返す。次に、食事のときではなく普段のときに「おすわり」と言い、軽くお尻を触ってみよう。このときにご飯のときのようにきちんと座ったら「おすわり」大成功だ。
最終的には言葉を発するだけで犬が自主的に座るようになるまで、「おすわり」のしつけを頑張ろう。
スポンサーサイト

«犬のしつけ「こい」と「ふせ」 | トップへ戻る |  犬のトイレのしつけ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。