FC2ブログ
ペット保険資料請求



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウサギをペットにする

ウサギをペットにしたい方も多くいると思う。ウサギを飼うときは初めどうしたらいいのか、簡単にお話したい。
ウサギはぬいぐるみのようにかわいく、ペットとしての大きさも丁度いい。ウサギに与える食事は、ペットショップにあるラビットフード(ベレット)やにんじん、キャベツ、かぼちゃ、ブロッコリー、小松菜、カブの葉、きぬさや、さつまいも、とうもろこしなどになる。
食事は新鮮なものを与える。それと忘れてはいけない物が干し草である。繊維質が多く含まれているのでウサギが元気になる。この干し草は毎日あげる。りんごやみかんなどの果物や、たんぽぽ、はこべなどの野草は時々与える。
ウサギにも好き嫌いがあり、ラビットフードは固いものとやわらかいものがあるので、いろいろなタイプを試そう。またウサギのおやつなどもあり、固いおやつは、歯の伸びすぎも防ぐ。野菜や果物はよく洗って水気をふいてから与えるようする。農薬がついているかもしれないので注意しよう。
絶対に食べさせてはいけない食事は、チョコレート、ねぎ、長ネギ、にら、にんにく、アボガドになる。アクの強い、ほうれん草も与えてはいけない。中毒をおこす危険性がある。毒性の強い野草や、観葉植物も与えないように。ウサギは犬などと違い、間違って食べても、吐き出すことができず、苦しませてしまう。
人間が食べる味がつきすぎている物も与えてはいけない。雑草はタンポポの葉、はこべ、のこぎりそう、しろつめくさ、おおばこ、なずな、くずの葉などは与えても大丈夫だ。それ以外は注意が必要だ。
ウサギを入れるケージを選ぶときは、ウサギが体をのばせる大きさが必要です。ウサギがかじっても安心なゲージを選ぼう。床に敷くものは 風通しがいいものを選ぶ。下はウンチが落ちる金網にして、木のすのこなど、やわらを敷こう。床はやわらかく、ふかふかにしてあげないと傷が出来てしまうこともある。ウサギの足の裏は肉球がないので、床には気をつけよう。
トイレはペットシーツで、充分だ。
その他ウサギのしつけや、食事を与える時間など、様々なことを知っておく必要がある。わからないことは、ペットショップの店員さんなどに聞き、ウサギにストレスがかからない環境を作り、ウサギをペットとして迎えてあげよう。
スポンサーサイト

«亀をペットにする | トップへ戻る |  フェレットをペットにする»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。