FC2ブログ
ペット保険資料請求



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫が頭を強く振るとき

ペットで猫を飼っている人は、猫が頭を強く振る行動をみていると思う。猫をペットに迎えようとしている人も、猫にはこのような症状があることを知っておいてほしい。
猫が頭を強くふる行動は、外耳炎、耳疥癬、耳のケガ、耳の中の異物、脳腫瘍、脳炎、前庭性失調症症候群、脳(東部)のケガ、栄養失調、中毒などが考えられる。ただの猫の行動ではないことを覚えておこう。
猫が頭を頻繁に振っていたら、耳の中にダニや細菌が感染してたり、異物や昆虫が入ったりしていることも考えられる。怪我をしているかもしれない。耳ダニが原因の場合は頭を振る以外にかゆがるので気をつける。
それ以外が原因であれば脳の病気かもしれない。もしくは前庭性失調症症候群になった可能性も考えられる。前庭性失調症症候群とは耳の内部にある前庭という部分に異常がある病気だ。この部分は平衡器官やバランスを保つ器官になる。頭を振ったり、首の位置が傾いていたり、フラフラして同じ場所を回ったりする。
治療の方法としては耳ダニ感染の防止は、子猫の時に動物病院でよく検査してもらうことだ。感染していたら早めの治療が必要である。家でペットとして飼っているのだから、飼い主がマットや毛布などを消毒して生活環境の改善してあげるように心掛けよう。ペットの異変に気がついたら、どんな症状であっても早めに獣医師さんの診断を受けよう。
スポンサーサイト

«ペットの便の異常に気付く | トップへ戻る |  ペットの椎間板ヘルニア»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。