ペット保険資料請求



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペット保険の給付対象外

ペットを保険に加入させて安心な日々をすごしていても、すべての状況において保障されるわけではないのは言うまでもない。
人間の保険でもそうだが、ペットの保険に加入している際に気をつけなければならないことがいくつかある。
例をあげると、ペットを飼っている飼い主や家族によって生じた怪我は給付の対象にはならない。
ほかに給付の対象にならないこととなると災害によって負った怪我である。
ペットの保険の給付対象は主に医療とはなっているが、怪我の保障も入っているとはいえ、こういったことについては給付されないので気をつけよう。ましてや飼い主や家族によって発生した怪我については別の問題にもなりかねない。
医療の給付対象外のものについては症状が伴っていない血液検査や検便。血液検査をしていないからちょうど機会があったので検査しておこうという理由からの血液検査については正当な理由ということではないのである。流産についても給付の対象にはならないそうだ。
給付適用外の事例を各保険会社で確認してみると大体の内容は同じだ。
適用外の内容は人間の保険の内容と似ているから、保険に加入している飼い主であればすぐに想像がつく内容ばかりだし、明らかに故意のものなどは普通に考えて適用されないというのは想像つくが、内容に目を通しておいたほうが良いと思う。
スポンサーサイト

«ペット保険の保障 | トップへ戻る |  ペットの保険料»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。