FC2ブログ
ペット保険資料請求



2007年12月の記事一覧

スポンサーサイト

犬を飼う前に準備する物

犬を飼うことにしたら、迎えてから慌てて買い物に行くのではなく、犬が住みやすい環境をつくってあげてからペットとして迎えよう。犬をペットとして飼う前に、準備する物や必ず必要な物・犬用ベッドこれはワンちゃんの寝床だ。安心できるベッドを用意してあげよう。最初から飼い主と寝ると、ずっとその癖がぬけないので、はじめが肝心だ。いならいお布団なども喜ぶ。・首輪&リード散歩にかかせないものだ。排泄物を入れるかわいい...

猫をペットにする

猫の性質と、猫をペットとして迎える前の心の準備について簡単にお話したい。猫は長生きする猫で約20年以上生きるといわれている。20年の間には、様々な出来事が起こるだろう。自分たちの都合で飼えなくなるという事がないように、最後まで責任をもってペットを可愛がってほしい。 猫の性質は、元々単独で生活する生き物なので、ある程度しつけることは出来たとしても、犬のようなしつけは難しいと言われている。犬はいろいろな事...

ペットに元気がない時

ペットがいつもと違って元気がない時があると思う。犬も猫も、体が飼い主に信号を送っているのだ。元気がない時は早めに獣医さんに見てもらうようにしよう。■飼っている猫の元気がない時考えられる原因としては、精神的ストレス、打撲、骨折、内臓疾患、アレルギー、尿路結石、胆管肝炎症候群、肝臓の病気、フィラリア症、感染症、糖尿病などが考えられる。普段元気なネコが病気になったりすると、行動だけでなく、顔の表情までが...

ペットが突然吐いたら

飼っている犬が突然吐いたりした場合は、ただの食あたりだけではなく、様々な原因が他にも考えられる。ペットの犬が吐いた場合、原因として考えられることは、フィラリア症、感染症、内部寄生虫、尿毒症、消化器の病気、急性腎不全、腹部の腫瘍、悪性リンパ腫、腎炎、子宮蓄膿症、糖尿病性ケトアシドーシス、事故による頭部強打、異物を呑みこむ、中毒などが考えられる。犬は生理現象として、体を正常に保つため散歩の途中などで道...

ペットが痒がる原因

ペットの猫が痒がる行動は、次のような原因が考えられる。寄生虫による皮膚病、食事性アレルギー、皮膚の乾燥、ノミによる皮膚病、疥癬、免疫系の異常、尾腺炎、肉芽腫など。猫も人間と同じように、かゆい箇所をひっかく。皮膚が傷ついて出血することがあるので、早めに対処しよう。治療方法としては、ペットの猫にノミ取り首輪を着けるなどがある。飲み薬や滴下式スポットタイプの薬、ノミ取りシャンプーなども市販されている。ま...

ペットの便秘

ペットも私たち人間と同じで、便秘をする。私たちも便秘になれば苦しいのと同じでペットも体が苦しいのだ。■猫が便秘になる原因として考えられること腸閉塞、大腸炎、巨大結腸症、毛球症、腸重積、腸閉塞、腸重積、回虫症、上皮小体の異常、回虫症など。年を重ねた猫は、人間と同じように運動する能力が下がる。腸の機能も連鎖し、便秘をするケースがある。排便時に苦しんでいたら、重症の便秘か大腸炎による下痢が考えられる。硬...

ペットの脱毛

ペットの脱毛は、ただ毛が抜けるだけでなく、病気のサインかもしれない。飼っているペットの毛が抜けたり、飼い主が異変に気がついたらどのような症状になっているのかしっかりと観察し、速やかに獣医さんに相談するようにしよう。犬の脱毛で考えられる原因は、クッシング症候群、脱毛症、ホルモン性皮膚炎、ノミアレルギー、寄生虫による皮膚病、毛包虫症、精巣の腫瘍、疥癬、白癬、換毛などだ。犬は外で飼っていても、室内で飼っ...

ペットの目ヤニや涙の原因

ペットの目ヤニや涙に気がついたら、早めに獣医さんに相談するようにして、そのまま放置しないように。犬の目ヤニや涙の原因は結膜炎、乾性角結膜炎、角膜炎、眼瞼内反症、眼瞼外反症、流涙症、チェリーアイ、逆まつげ、全身的疾患、感染症などが考えられる。目ヤニは、眼球の表面の角膜が傷ついたりして起こる。炎症やまぶたの内側の結膜に異常がある場合が多い。犬の種類も様々だが、目ヤニや涙の病気にかかり易いペットの犬種は...

ペットの便の異常に気付く

ペットと散歩をしているとき、おかしな便の症状に気がついたら、ペットを注意して見てあげよう。犬でも猫でも、便によっては病気のサインかもしれない。犬の便の異常として考えられることは、胃と腸の病気、下痢、過食、肝臓の病気、すい臓病、感染症、ジステンパー腹部の腫瘍、内部寄生虫、パルボウイルス感染症、レプトスピラ症、犬伝染性肝炎、中毒、精神的ショックなどだ。ペットも人間と同じように、下痢をする。人間も辛いよ...

猫が頭を強く振るとき

ペットで猫を飼っている人は、猫が頭を強く振る行動をみていると思う。猫をペットに迎えようとしている人も、猫にはこのような症状があることを知っておいてほしい。猫が頭を強くふる行動は、外耳炎、耳疥癬、耳のケガ、耳の中の異物、脳腫瘍、脳炎、前庭性失調症症候群、脳(東部)のケガ、栄養失調、中毒などが考えられる。ただの猫の行動ではないことを覚えておこう。猫が頭を頻繁に振っていたら、耳の中にダニや細菌が感染して...

ペットの椎間板ヘルニア

ペットの椎間板ヘルニアについてお話したいと思う。椎間板ヘルニアは、骨や関節にかかわる病気で、ビーグル、シーズー、ダックスなどの犬種に多いとされている。この病気は背骨(脊椎)を形成する椎骨をつなぐ椎間板が老化して固くなる病気である。外に突き出たり、椎間板内の髄核が外に噴出したりする。ペットが椎間板ヘルニアになると、歩行が難しくなる。背骨の上を走る神経細胞(脊髄)を圧迫して神経がマヒする。前足や後ろ足...

ペットの土葬

ペットの死は辛く悲しいものだ。ペットの葬儀などは専門の葬儀屋にお願いするなどの方法があるが、自宅で土葬をする時は、どのようにしたらいいのだろうか。ペットの亡骸は飼い主が葬ってあげなければならない。飼い主には最後まで責任がある。ペットの土葬で一般的なのは、自宅の庭に土葬する方法だ。可愛がっていた人たちがみんなで穴を掘り、そこに手作りのお墓を作る。亡くなったペットもきっと喜んでくれるだろう。土葬はペッ...

ペットの葬儀

ペットが亡くなってしまったら、飼い主はあまりの悲しみで、何もすることが出来なくなる。まずはペット葬儀業者に連絡し、自分の気持ちを落ち着かせよう。ペット葬儀業者の探し方は、動物病院からでも紹介してもらえる。タウンページなどにも載っているので調べてみよう。ペット葬儀業者は365日、24時間で受付をしているので、突然このような事態になっても大丈夫だと思う。連絡する時は、要望や、わからないことを聞く。相手に言...

ペットの葬儀の種類

ペット葬儀にはいくつかに種類があり、1つだけではない。合同葬とは、僧侶が読経する。お葬式が終わった後にペットとお別れをする。その後は、他のペットと一緒に火葬する。火葬してから寺院で納骨し、お墓に入れてあげる。火葬に立会い、骨を拾うことはできないが、しっかりとしたペットの供養になる。個別葬とは、僧侶が読経する。お葬式が終わった後は他のペットと一緒にではなく、個別に火葬する。その後、納骨しお墓に入れる...

ペット葬儀のマナー

ペットが亡くなったと、知人から連絡を受けた場合、親しければ相手の自宅に伺うと思う。そんな時のペット葬儀のマナーについて簡単にお話したい。ペットを亡くした友人に会いに行くのだから、普段の服装でいいと言うわけにはいかない。ペットを失った知人の家は、きちんとしたお葬式を執り行っているのだ。服装は、きちんとした全身黒の喪服に着替える必要はないが、黒や紺のカラーの服を着るようにしよう。派手ではない服装で知人...

ペットが亡くなった時の安置方法

ペットが亡くなった時、どうしたらいいのかわからず、慌てることがある。安置方法を知っておくことで、知人が困っていたりした時などでも、すばやく対処できるのではないだろうか。ペットが亡くなったら、ペットを柔らかいバスタオルなどの上に寝かせる。そして上に毛布をかけ、なるべく涼しい場所に安置する。生前にペットが使っていたマットなどがある時は、そのマットを使ってあげるといいかもしれない。気温の高い季節や、暖房...

ヨークシャー・テリアをペットにする

ヨークシャー・テリアをペットにしたい方へ。ヨークシャーはとても小さく、女性の方に特に人気の犬種である。ヨークシャーの性格や特徴などについて簡単にお話したい。ヨークシャー・テリアの特徴は、毛が非常に長く、背中の中央で左右に分かれていて、とてもツヤのある毛並みだ。ショーではこの被毛が重要になるが、ペットとして飼う時はそれほど敏感にならなくてもいいだろう。顔はとても可愛らしく、凛々しい顔立ちだ。 ヨーク...

パグをペットにする

パグは、ペットの犬種としてとても人気がある。パグの性質や、飼い方についてお話したいと思う。パグの特徴はつぶれた鼻と、愛くるしい顔、丸い大きな目だ。顔は深いシワが刻まれていて、黒々しているほどいいと言われている。横からみると鼻がまっ平らで、薄い垂れた耳はやわらかく、短い体にはたくましさもある。つやつやとした短い被毛はやわらかく、毛色はフォーン、銀色、アプリコット、黒になる。四肢はしっかりしていて、尾...

プードルをペットにする

プードルはペットが欲しい人の間で、とても人気の犬種だ。そこで、プードルの特徴や性質についてお話したい。プードルの特徴は、もこもこした毛並み、つんとした鼻、アーモンド型の目だ。小さい頃はぬいぐるみのような可愛らしさで、毛色は一色毛が理想とされている。黒、ブルー、白、ブラウン、アプリコット、シルバー、クリーム(オレンジ)、シルバーベージュなどの毛の色の他に、同じ色でも濃い、薄いの差がある。 プードルの性...

シーズーをペットにする

まん丸の目、ふわふわの毛並み、ペットとして人気の犬種、シーズーについて話したいと思う。シーズーは1960年代初頭に日本で紹介された。名前は、中国の空想上の小さなライオン(獅子)からきたと言われている。 シーズーの特徴は小柄で、ラサ・アプソに似ている。長い毛が目と鼻をほとんどおおい隠しているが、隠れている目は大きな丸い目。大きな耳も長毛で、全体にもこもこした印象がある。シーズーの性格は、人なつこく活発だ...

ダックスフンドをペットにする

ダックスフンドはペットとして人気があるが、ダックスの性質や飼い方についてお話したい。ダックスフンドの特徴は、かわいらしい短足、胴長のスタイルだ。体の大きさは、スタンダード、ミニチュア、体重2.3kg以下の小型のカニンヘンに分かれる。さらに毛質のタイプは、短毛のスムースヘアー、かたい剛毛のワイアーヘアー、ウェーブがかったやわらかい毛質の長毛のロングヘアーに分かれる。毛色も様々で赤、チョコレートタン、ブラ...

蛇をペットにする

蛇をこれからペットにしようか考えている方に、蛇の簡単な特徴や飼い方についてお話したい。現代では、様々なペットを飼っている方がいるが、ヘビは最も飼育の難しい爬虫類と言われている。軽い気持ちでペットとして飼うことは難しい生き物である。食事は犬や猫のようなドライフードなどではなく、生きたものしか食べない。さらに、えさに怯えて蛇が拒食になってしまうことも十分ある。とても神経質な生き物であることを頭に置いて...

ミニブタをペットにする

ミニブタをペットとして飼おうかお考えの方へ、簡単なミニブタの飼い方を説明したいと思う。ミニブタは雑食なので、食事は何でも食べる。とても食いしん坊な性格だ。欲しがっているからといって、餌を欲しいだけ与えると太りすぎになり、栄養のバランスも崩すことになるので注意が必要だ。特にお菓子やビスケットなどの甘い物はブタの大好物だが、与えすぎはよくないので、ご褒美などに少し与える程度にしよう。主食にする物は、穀...

インコをペットにする

インコをペットとしてこれから飼いたい方へ、インコの特徴や性質などについてお話したい。インコの種類は様々で、みなさんが知っているインコは、小型のセキセイインコではないだろうか。インコにも性格があり、おしゃべりが好きなインコや、甘えん坊なインコなど個性も様々である。ペットとしてのコミュニケーションも取ることが出来る。セキセイインコの特徴は、手乗りが出来る。子どものうちからペットとして迎えてあげることで...

亀をペットにする

亀をこれからペットにしたい方へ。鶴は千年、亀は万年と昔から言われているが、その名の通り、亀は長生きする。クサガメやミドリガメの寿命は30年程度なので、最後まで責任を持って可愛がってほしい。沼亀を飼うには、まず水槽を用意する。大きさは体長の数倍~10倍程度の物がいい。水槽には水を入れる。カルキ抜きした水を、首を伸ばして顔を出せる程度に入れる。成長したら、水の量を増やしても大丈夫だが、亀は空気中で呼吸する...

ウサギをペットにする

ウサギをペットにしたい方も多くいると思う。ウサギを飼うときは初めどうしたらいいのか、簡単にお話したい。ウサギはぬいぐるみのようにかわいく、ペットとしての大きさも丁度いい。ウサギに与える食事は、ペットショップにあるラビットフード(ベレット)やにんじん、キャベツ、かぼちゃ、ブロッコリー、小松菜、カブの葉、きぬさや、さつまいも、とうもろこしなどになる。食事は新鮮なものを与える。それと忘れてはいけない物が...

フェレットをペットにする

フェレットをペットにしたい方へ、フェレットの様々な特徴を簡単にお話したい。フェレットをペットとして飼ったら、部屋で一緒に生活することができる。ゲージもあるが、ほとんどの人が部屋で、放し飼いで飼っているようだ。大人になっても、猫よりも小さく、近所に迷惑をかけることはない。フェレットは発情期にも凶暴になることもなく、マンションに住む一人暮らしの人の間でとても人気がある。性格は温厚で人になつき、大人にな...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。