ペット保険資料請求



犬のしつけの記事一覧

スポンサーサイト

犬のしつけのポイント1

【犬のリーダーになろう】犬をしつけるためには、まず飼い主が犬のリーダーになる必要性がある。犬のリーダーになるというのはしつけの基本中の基本である。すでに知っている方は多数いらっしゃるのではないだろうか。なぜこれが大切なのかと言うと、犬の習性に「リーダーは絶対」と言う事がある。だからこの習性を活かすのがしつけの基本と言うことになるからである。野生の犬の中では、リーダーの犬の言うことを聞かないと群れか...

犬のしつけのポイント2

【態度は変えずにしつけをする】犬をしつけるときのポイントとして、犬が混乱しないようにしつけを注意しなければならない。犬は頭がよいと言われているが、人間の世界における善悪の判断がつくほど頭がいいわけではない。だから、犬が噛みつくなどの行為をしたら、例え甘噛でも、しかるようにしよう。甘噛だから叱らないというように態度を変えないようにしよう。また逆に良いことをした場合は、思いっきり誉めてあげよう。とは言...

犬のしつけのポイント3

【呼び方を統一しよう】犬のしつけのとき、「駄目」「コラッ!」など色々しつけるときにかける呼び方があるとは思うが、この呼び方は統一する必要がある。犬に人間の言葉をたくさん覚えさせようとしても無理がある。同じ叱る言葉でも、言葉を統一しないと犬は混乱を起こしてしまう可能性がある。また、叱るときや褒めるときに犬の名前を言ってしまう場合があるが、この場合には注意が必要になる。叱るときも、褒めるときも名前を呼...

犬のしつけのポイント4

【甘やかさない】犬を飼い始めると可愛すぎてついつい色々な行動を大目に見てしまう。しかしそれではしつけができなくなる。犬をしつけるときには決して甘やかしてはいけないのだ。甘やかし方としては過剰に褒めすぎたり、おやつをあげすぎたりと言うことがあげられる。犬を甘やかさないことはとても難しいことだ。しかし、甘やかしすぎると結果、犬は色々な勘違いをしてしまう。どういう勘違いかと言うと「自分がリーダーかもしれ...

犬のしつけのポイント5

【失敗しても叱らないこと】犬をしつけているときには、犬はもちろん失敗もたくさんすると思う。例えばトイレのしつけのときだが、しつけを始めたばかりのときトイレを犬が失敗するときがある。そのとき飼い主が高い声を出して騒いでしまったとする。その声を犬が聞くとこれは褒められているのか?とか勘違いしてしまう場合がある。これではしつけができないだろう。だから、犬が失敗をしたときには低い声で「だめ!」ときちんと叱...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。