FC2ブログ
ペット保険資料請求



ペット葬儀の記事一覧

スポンサーサイト

ペットの土葬

ペットの死は辛く悲しいものだ。ペットの葬儀などは専門の葬儀屋にお願いするなどの方法があるが、自宅で土葬をする時は、どのようにしたらいいのだろうか。ペットの亡骸は飼い主が葬ってあげなければならない。飼い主には最後まで責任がある。ペットの土葬で一般的なのは、自宅の庭に土葬する方法だ。可愛がっていた人たちがみんなで穴を掘り、そこに手作りのお墓を作る。亡くなったペットもきっと喜んでくれるだろう。土葬はペッ...

ペットの葬儀

ペットが亡くなってしまったら、飼い主はあまりの悲しみで、何もすることが出来なくなる。まずはペット葬儀業者に連絡し、自分の気持ちを落ち着かせよう。ペット葬儀業者の探し方は、動物病院からでも紹介してもらえる。タウンページなどにも載っているので調べてみよう。ペット葬儀業者は365日、24時間で受付をしているので、突然このような事態になっても大丈夫だと思う。連絡する時は、要望や、わからないことを聞く。相手に言...

ペットの葬儀の種類

ペット葬儀にはいくつかに種類があり、1つだけではない。合同葬とは、僧侶が読経する。お葬式が終わった後にペットとお別れをする。その後は、他のペットと一緒に火葬する。火葬してから寺院で納骨し、お墓に入れてあげる。火葬に立会い、骨を拾うことはできないが、しっかりとしたペットの供養になる。個別葬とは、僧侶が読経する。お葬式が終わった後は他のペットと一緒にではなく、個別に火葬する。その後、納骨しお墓に入れる...

ペット葬儀のマナー

ペットが亡くなったと、知人から連絡を受けた場合、親しければ相手の自宅に伺うと思う。そんな時のペット葬儀のマナーについて簡単にお話したい。ペットを亡くした友人に会いに行くのだから、普段の服装でいいと言うわけにはいかない。ペットを失った知人の家は、きちんとしたお葬式を執り行っているのだ。服装は、きちんとした全身黒の喪服に着替える必要はないが、黒や紺のカラーの服を着るようにしよう。派手ではない服装で知人...

ペットが亡くなった時の安置方法

ペットが亡くなった時、どうしたらいいのかわからず、慌てることがある。安置方法を知っておくことで、知人が困っていたりした時などでも、すばやく対処できるのではないだろうか。ペットが亡くなったら、ペットを柔らかいバスタオルなどの上に寝かせる。そして上に毛布をかけ、なるべく涼しい場所に安置する。生前にペットが使っていたマットなどがある時は、そのマットを使ってあげるといいかもしれない。気温の高い季節や、暖房...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。